コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愛知県知多市 ちた〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔愛知県〕知多〈市〉(ちた〈し〉)


愛知県西部の市。
知多半島北西岸に位置し、伊勢湾に面する。江戸時代知多木綿の産地として繁栄。1960年代以降、臨海工業地帯が造成され工業化が進む。飼料・食品加工・石油精製火力発電などの工業が発達。フキ・レタス・ペコロス(ミニタマネギ)などを生産。尾張万歳(国指定重要無形文化財)、牟山(むさん)神社の朝倉の梯子獅子が有名。八社(はっしゃ)神社梵鐘は国の重要文化財に指定)がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

愛知県知多市の関連キーワード愛知県知多市岡田緑が丘愛知県知多市南粕谷新海愛知県知多市つつじが丘愛知県知多市岡田美里町愛知県知多市新舞子東町愛知県知多市南粕谷東坂愛知県知多市南粕谷本町愛知県知多市南巽が丘愛知県知多市清水が丘愛知県知多市寺本新町愛知県知多市西巽が丘愛知県知多市にしの台愛知県知多市佐布里台愛知県知多市新知東町愛知県知多市新知西町愛知県知多市こうの巣愛知県知多市加木屋町愛知県知多市八幡新町愛知県知多市鎌が谷愛知県知多市巽が丘

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

愛知県知多市の関連情報