愛知県碧南市(読み)へきなん〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔愛知県〕碧南〈市〉(へきなん〈し〉)


愛知県中南部の市。
矢作(やはぎ)川河口部、知多湾湾奥に位置する。矢作川水運と海運の接点で、古くから港町、物資集散地として繁栄。三州瓦(さんしゅうがわら)・みりんなどの伝統産業に加えて、自動車・織機・鉄鋼・金属などの工場が操業。碧南干拓地ではニンジン・タマネギなどの栽培が盛ん。半田市と衣浦(きぬうら)海底トンネルで結ばれている。明石公園、農業をテーマにした体験型交流施設のあおいパークがある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

愛知県碧南市の関連情報