愛知県稲沢市(読み)いなざわ〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔愛知県〕稲沢〈市〉(いなざわ〈し〉)


愛知県西部、濃尾平野の中央にある市。
市域の西側を木曾川が流れる。名神高速道路、JRの東海道本線名古屋鉄道の名古屋本線・尾西(びさい)線が通じる交通の要衝。名古屋市の北西に位置し、同市のベッドタウンとして知られる。2005年(平成17)4月、中島(なかしま)郡の祖父江町、平和町を編入合併して現在の姿となる。この合併により、中島郡は消滅。古くは尾張国の国府・国分寺がおかれた歴史ある町で、江戸時代には美濃街道の宿場町として繁栄。植木・苗木・盆栽づくりのほか、稲作、根菜類・ミツバ・パセリなどの栽培が盛ん。ギンナンが特産品。旧・祖父江町および平和町は尾西毛織物業地帯に属し、織物・紡績工場が多い。機械やプラスチックの工場も進出。万徳(まんとく)寺、尾張大国霊(おわりおおくにたま)神社の楼門・拝殿など、数多くの重要文化財がある。国府宮の裸祭(はだかまつり)が有名。ギリシアのオリンピア市と姉妹都市の提携を結ぶ。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

愛知県稲沢市の関連情報