愛知県西尾市(読み)にしお〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔愛知県〕西尾〈市〉(にしお〈し〉)


愛知県南部の市。
矢作(やはぎ)川下流東岸に位置する。2011年(平成23)、幡豆(はず)郡の一色町、吉良町、幡豆町と合併して現在の姿となる。江戸時代、西尾藩6万石の城下町。三河木綿の産地として繁栄。矢作川河口の平坂(へいさか)湊は周辺の貨物集散地として廻船業でにぎわった。植木・花卉(かき)園芸が盛ん。全国有数の抹茶生産地。自動車関連産業が盛んで輸送用機器・鉄鋼・機械工場などがある。国指定の重要無形民俗文化財である三河万歳(みかわまんざい)の発祥地。西尾のてんてこ祭・鍵万燈が伝承されている。金蓮(こんれん)寺(阿弥陀堂は国宝に指定)、久麻久(くまく)神社(本殿は国の重要文化財に指定)がある。鳥羽神明社で2月に行われる鳥羽の火祭りは国の重要無形民俗文化財に指定。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

愛知県西尾市の関連情報