コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愛知県豊橋市 とよはし〈し〉

1件 の用語解説(愛知県豊橋市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔愛知県〕豊橋〈市〉(とよはし〈し〉)


愛知県南東部に位置する市。
1999年(平成11)4月より中核市。渥美半島基部に位置し、南は遠州灘、西は三河湾に面する。近世は吉田藩の城下町東海道の宿場町として繁栄。明治期以降、製糸の町、軍都として隆盛した。臨海部は自動車・造船・電機などの工業地帯で、外資系自動車メーカーも進出している。オオバウズラ卵の生産は日本有数で、ノリ・ウナギの養殖も盛ん。商圏は静岡・長野両県の一部にまで及ぶ。縄文時代嵩山蛇穴(すせのじゃあな)、弥生時代の瓜郷(うりごう)遺跡など国の史跡や多数の古墳が残る。石巻山石灰岩植物群落は国の天然記念物に指定。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

愛知県豊橋市の関連情報