コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慢性活動性EBウイルス感染症

1件 の用語解説(慢性活動性EBウイルス感染症の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

慢性活動性EBウイルス感染症

高熱が続く、肝障害が出るといった慢性的な症状があらわれる病気。体内で病原体を撃退する免疫細胞のT細胞、NK細胞EBウイルスに感染して起きる。感染した細胞はがんの前段階のような特徴もあり、白血病リンパ腫につながる例もある。感染していない血液をつくる造血幹細胞移植(骨髄移植など)が有効な治療法とされる。

(2011-10-17 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

慢性活動性EBウイルス感染症の関連キーワード息が続く鬼が出るか蛇が出るか地が出る終夜底這い熱病目が出る芽が出る藁が出る肝障害

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone