コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慢性甲状腺炎(橋本病/自己免疫性甲状腺炎) まんせいこうじょうせんえんはしもとびょうじこめんえきせいこうじょうせんえん Chronic Thyroiditis (Hashimoto Thyroiditis, Autoimmune Thyroiditis)

1件 の用語解説(慢性甲状腺炎(橋本病/自己免疫性甲状腺炎)の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

まんせいこうじょうせんえんはしもとびょうじこめんえきせいこうじょうせんえん【慢性甲状腺炎(橋本病/自己免疫性甲状腺炎) Chronic Thyroiditis (Hashimoto Thyroiditis, Autoimmune Thyroiditis)】

◎患者さんの大部分は中年の女性
[どんな病気か]
 免疫の異常が原因と考えられることから、自己免疫性甲状腺炎(じこめんえきせいこうじょうせんえん)とも呼ばれます。慢性甲状腺炎(橋本病(はしもとびょう))の患者さんの大部分は、甲状腺のはたらきが正常ですが、機能が低下している人もいます。
 この病気は、人口10万人に対して約80人の割合でおこります。甲状腺が腫(は)れているだけで、なんの症状もないため、医師の診察を受けない人もかなりいると考えられます。
 こうした人も含めますと、日本では10万人を超える人が、この病気にかかっていると推定され、けっしてめずらしい病気ではありません。
 この病気は、10歳以下から70歳以上まで、広い年代の人にわたってみられますが、そのうちの60%以上は30~50歳の人です。
 また、女性の患者さんがだんぜん多く、男性に比べると十数倍になります。なかには、95%が女性であるとの報告もあります。
[症状]
 約90%の患者さんに甲状腺の腫れ(甲状腺腫(こうじょうせんしゅ))がみられます。このうち、甲状腺腫だけでなんの症状もない人が約半数を占め、残り半数の人に、かすれ声(嗄声(させい))、頸部(けいぶ)の不快感などがみられますが、甲状腺のはたらきは、たいてい正常です。
 血液中の甲状腺ホルモンが減少してくると、からだがだるい、気力がわかない、寒がり、便秘がち、ことばがもつれるなどの症状が現われてきます。
 また、指で押してもへこみのできないむくみ、トウモロコシの毛のようにつやのない頭髪、脱毛、皮膚の乾燥、体重の増加が現われます。女性では月経過多といった症状が現われ、知的な活動が低下したり、動作が緩慢になったりします。
[原因]
 自己免疫疾患の代表的な1つと考えられています。
 血液中に、甲状腺に対する各種の自己抗体(じここうたい)(甲状腺の組織を抗原(こうげん)としてできた物質で、正常甲状腺組織と反応する)がつくられ、甲状腺機能が障害されます。障害が高度になると、甲状腺の細胞が破壊され、ホルモン分泌のはたらきが低下してきます。
 また、血のつながった家族の人の血液中にも、甲状腺の自己抗体がみられることが多いことや、一卵性双生児(いちらんせいそうせいじ)の1人が橋本病であるとき、もう1人にもこの病気がみられることなどから、発病には遺伝的な資質(ししつ)(素因(そいん))が関係していると考えられています。
[検査と診断]
 かすれ声(嗄声(させい))のために耳鼻咽喉科(じびいんこうか)を受診したり、健康診断で血液中のコレステロールが高いことがわかり、それをきっかけとして発見されることもあります。
 血液を調べると、血液沈降速度(けつえきちんこうそくど)(血沈(けっちん))ないし赤血球(せっけっきゅう)沈降速度(赤沈(せきちん))がはやくなり、血清(けっせい)中の総たんぱく量が増加しています。
 肝臓の機能検査のうち、硫酸亜鉛試験(りゅうさんあえんしけん)やチモール混濁試験(こんだくしけん)など、血清膠質反応(けっせいこうしつはんのう)の上昇がみられます。これは、血液中の免疫グロブリン(γ(ガンマ) )が増えているときにみられるものです。
 血液中の甲状腺自己抗体としては、抗サイログロブリン抗体と、抗マイクロソーム抗体が、多くの場合、陽性に出ます。とくに、抗サイログロブリン抗体が上昇するのが特徴です。
 甲状腺の機能を調べますと、約4分の3の患者さんでは正常で、機能低下を示す人は約2割です。そして、少数ですが、機能の亢進(こうしん)を示す人もいます。
 甲状腺機能が低下すると血液中の遊離(ゆうり)トリヨードサイロニンフリー3)、遊離サイロキシン(フリーT4)などの甲状腺ホルモンが減少します。
 からだの新陳代謝活動のようすを示す基礎代謝率、甲状腺の活動性を示す甲状腺の放射性ヨード123I 、131I)摂取率も低下し、血液中の甲状腺刺激ホルモン(TSH)やコレステロールが増加してきます。
 そのほか、貧血や、胸部X線撮影では心臓の陰影の拡大、心電図検査では低電位差(活動の低下を示す)がみられる場合もあります。
 甲状腺の組織をとって顕微鏡で調べると(生検(せいけん))、リンパ球の浸潤(しんじゅん)(組織への侵入)、リンパ濾胞(ろほう)の形成(侵入したリンパ球の集団形成)、ホルモン分泌細胞濾胞上皮(ろほうじょうひ)細胞)を支えている間質(かんしつ)部分の線維化(硬化)、ホルモン分泌細胞の変性と崩壊といった、特有の変化がみられます。
◎機能が低下したらホルモン療法
[治療]
 甲状腺のはたらきが正常であれば、年1~2回、定期的に検査を受けて経過を観察するだけで、まったく治療の必要はありません。
 甲状腺の機能が低下してくるまでに長い年月がかかりますし、たとえ、機能が低下してきても、甲状腺ホルモン剤を服用すれば、健康な人と同じように生活することができます。
 ただし女性の場合は、出産後に一時的に甲状腺の機能低下がひどくなることもありますので、妊娠がわかった段階で、内分泌、とくに甲状腺の専門医とよく相談しましょう。
●薬物療法
 甲状腺の機能が低下してきたら、甲状腺ホルモンの内服を毎日欠かさずに、生涯続けることが必要になります。
 甲状腺ホルモンとしては、サイロキシン(T4)剤、トリヨードサイロニン(T3)剤、乾燥甲状腺末(かんそうこうじょうせんまつ)(甲末(こうまつ))の3種類があります。
 甲末がよく用いられた時代がありましたが、現在では、T4剤が使われることが多くなっています。
 T3剤は、1日3回に分けて内服しなければなりませんが、T4剤、甲末は、1日1回の内服で十分です。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

慢性甲状腺炎(橋本病/自己免疫性甲状腺炎)の関連キーワードエーゲ海おっさんおばん大部分中年増中年御婆さん中年者ノドン一号胸最長筋

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone