コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慢性疲労症候群(CFS)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

慢性疲労症候群(CFS)

1988年に米国疾病対策センターが定義した疾患。極度の疲労に突然見舞われ、日常生活が困難になる。手足のまひや抑うつなどを伴うケースもあり、患者によって症状が異なる。厚労省研究班の調査によると、日本での患者数は人口の0.3%、30万人超と推測されている。

(2013-05-10 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

慢性疲労症候群(CFS)の関連キーワード疲労・倦怠感・夏バテキース ジャレットトランキライザー職場環境と健康筋痛性脳脊髄炎慢性疲労症候群ジャレット線維筋痛症対症療法リンパ節CFS血圧ME

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

慢性疲労症候群(CFS)の関連情報