コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慣らす・馴らす ならす

大辞林 第三版の解説

ならす【慣らす・馴らす】

( 動五[四] )
繰り返し接してなじむようにする。なれさせる。順応させる。 「体を寒さに-・す」 「何度も英会話のテープを聞いて耳を-・す」
獣や鳥が人になれるようにする。 《馴》 「野生の象を-・す」
なれすぎて無遠慮に扱う。 「人をも-・さず人にも-・されず/十訓 1」 〔「慣れる」に対する他動詞〕
[表記] ならす(慣・馴
「慣らす」は“慣れるようにする”の意。「スタート前に足を慣らす」「暗やみに目を慣らす」  「馴らす」は“動物をしつける”の意。「野生の象を馴らす」「犬を飼い馴らす」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

慣らす・馴らすの関連キーワード野生

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android