慣性誘導装置(読み)かんせいゆうどうそうち

大辞林 第三版の解説

かんせいゆうどうそうち【慣性誘導装置】

船舶・航空機・宇宙船などが移動する際、位置の変化を自動的に知るための装置。精密なジャイロにより絶対水平を保つ安定台に取り付けた加速度・角速度・重力の変化を感知する計器と積算機から成る。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android