慰み種(読み)なぐさみぐさ

大辞林 第三版の解説

なぐさみぐさ【慰み種】

なぐさみとなるもの。 「皆心の中にて、自の-と思ひ居れり/浴泉記 喜美子

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる