コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慳貪・倹飩 けんどん

大辞林 第三版の解説

けんどん【慳貪・倹飩】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
〔「慳」は物惜しみする、「貪」はむさぼる意〕
[1] 思いやりのないこと。愛想のないこと。あらっぽいこと。また、そのさま。つっけんどん。 「いらいらした調子で-に言ひ放つた/悪魔 潤一郎
[1] 物惜しみすること。けちで欲が深いこと。また、そのさま。 「人に物与ふることをせず、-に罪ふかくみえければ/宇治拾遺 12
[0] (多く「倹飩」と書く)近世、うどん・そば・酒・飯などを、一杯の盛り切りで、代わりを出さないもの。 「兎や角といふ内に酒五升と-十人前と/滑稽本・根南志具佐」
[0] 「倹飩箱」「倹飩女郎」の略。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone