コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慶俊(2) きょうしゅん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

慶俊(2) きょうしゅん

?-? 朝鮮の製紙技術者。
豊臣秀吉の朝鮮出兵のさい加藤清正に連れられて来日。肥後芋生(いもう)川原谷(かわはらたに)(熊本県鹿北(かほく)町)で和紙の生産に従事した。子孫が技法をうけつぎ,熊本藩の御用紙漉(かみすき)として保護され,近隣にひろまり,芋生(川原)紙とよばれる。弟の道慶は,木葉村浦田谷(玉東(ぎょくとう)町)にすみ,浦田紙の祖となった。名は慶春とも。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

慶俊(2)の関連キーワード豊臣秀吉

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android