コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慶子女王(2) よしこじょおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

慶子女王(2) よしこじょおう

1225-1286 鎌倉時代,順徳天皇の皇女。
嘉禄(かろく)元年生まれ。承久(じょうきゅう)の乱に敗れ佐渡(新潟県)に流された順徳天皇と,右衛門佐局(うえもんのすけのつぼね)との間に誕生した第1皇女といわれる。和歌をよくした。死後,島照大明神としてまつられた。弘安(こうあん)9年死去。62歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

慶子女王(2)の関連キーワードエーリック6世藤原実房三条実房ナーシル嘉禄エルディグズ朝三槐抄陳朝ナーシル李朝[ベトナム]

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android