憫然・愍然(読み)びんぜん

精選版 日本国語大辞典の解説

びん‐ぜん【憫然・愍然】

〘形動ナリ・タリ〙 哀れなさま。かわいそうなさま。また、哀れに思うさま。
※垂髪往来(1253)七月一五日「纔遁虎口、雖羊質、魂猶恍惚、心只憫然」
※文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉一「諸国の有様を見て愍然たる野蛮の歎を為すことも」 〔白居易‐琵琶行序〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる