コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

憲法改正に関する自民党の公約

1件 の用語解説(憲法改正に関する自民党の公約の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

憲法改正に関する自民党の公約

自民党は憲法が連合国軍総司令部(GHQ)占領下で制定されたとして自主憲法制定を党是とする。衆院選の公約には、平和主義など三原則は継承する一方、9条を改正して自衛隊を国防軍と位置づけることを明記した憲法改正草案を盛り込んだ。政府の憲法解釈で禁じられている集団的自衛権の行使は「日本の平和と地域の安定を守るため行使を可能とする」とした。現行では衆参両院で3分の2以上の賛成が必要な憲法改正の発議要件を、衆参とも過半数に緩和するとしている。

(2012-12-18 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

憲法改正に関する自民党の公約の関連キーワードGHQ進駐軍連合国軍最高司令官総司令部・連合国総司令部連合国軍最高司令官総司令部プランゲ文庫マルセル・ジュノー博士自民党の憲法改正草案支那派遣軍総司令部占領軍総司令部連合国最高司令官総司令部

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone