憲法改正の論議

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

憲法改正の論議

2007年、第1次安倍晋三政権で憲法改正の手続きを定めた国民投票法が制定された。衆参両院に憲法審査会が設置され、11年から本格的に各党間の議論が進んでいる。12年の自民党総裁選に立候補した安倍首相が、憲法改正の発議要件を定めた96条の改正に取り組むことを表明。現行では、衆参両院で総議員の「3分の2」の賛成が必要だが、これを「過半数」に改めるべきだと主張している。

(2013-06-21 朝日新聞 朝刊 大分全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

憲法改正の論議の関連情報