憲法普及会

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

憲法普及会

日本国憲法公布直後の46年12月、「新憲法の精神を普及徹底し、これを国民生活の実際に浸透するよう啓発運動を行うこと」を目的に帝国議会内に設立。政府関係者、学識経験者、報道関係者で構成され、のちに首相となる芦田均が会長を務めた。地方に支部を置き、講演会開催や出版、映画、紙芝居、演劇など様々な方法で新憲法の普及・啓蒙(けいもう)運動を展開。47年に解散した。

(2007-07-01 朝日新聞 朝刊 週刊中国)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

憲法普及会の関連情報