コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

懸け角・懸角 かけつの

大辞林 第三版の解説

かけつの【懸け角・懸角】

〔「かけづの」とも〕
邪気をはらうために御帳台の左右の柱にかけた呪物。平安時代から行われ、もと犀角を用いたが、のちには沈じんの木を角形に削り、両端に銀の金具飾りをつけ丸紐でつるした。御角みつの

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

懸け角・懸角の関連キーワード平安時代御帳台邪気両端角形呪物

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android