懸隔・駆隔(読み)かけへだたる

精選版 日本国語大辞典の解説

かけ‐へだた・る【懸隔・駆隔】

〘自ラ五(四)〙
① (駆隔) 馬を勢いよく走らせたり、走り寄ったりして、両者の間に分け入る。争いなどをしている両方の間にはいる。
※謡曲・実盛(1430頃)「郎等は主を討たせじと、駈(か)け隔(へだ)たりて実盛と、押し並べて組むところを」
② 両者の間が遠く離れる。はるかに隔たる。かけへだつ。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉九「隔遠(〈注〉カケヘダタリタル)なる法国と、文書往来の道、暫くも絶ざりき」
③ 両者の間に大きな違いができる。非常な差がある。かけへだつ。
※門(1910)〈夏目漱石〉四「到底同じ人間とは思へない位懸(カ)け隔(ヘダ)たってゐる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android