コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

成宗[朝鮮王朝] せいそう[ちょうせんおうちょう]Sǒngjong

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

成宗[朝鮮王朝]
せいそう[ちょうせんおうちょう]
Sǒngjong

[生]世祖2(1457)
[没]成宗25(1494)
朝鮮,朝鮮王朝 (李朝) の第9代の王 (在位 1469~94) 。諱はけつ。諡は康清。成宗1 (69) 年に世祖妃貞熹大后の摂政のもとに 13歳で即位し,7年後には親政を行なった。学問を好み,射芸と書画をよくし,朱子学に精通した。また,人材登用に努め,排仏政策をとった。『経国大典』を完成させる一方,儒臣に命じて『東国輿地勝覧』『東国通鑑』をはじめ,『東文選』『楽学軌範』など多数の書籍を編纂させた。また日本,明,琉球と修交関係を保ち,成宗 10 (79) 年と同 22年には女真を討伐した。このように成宗の時代は文物制度が整い,世宗,世祖に続いて李朝初期文化の黄金時代をなした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

成宗[朝鮮王朝]の関連キーワード経国大典射芸

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android