コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

成田空港の機能強化案

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

成田空港の機能強化案

アジアの空港間競争を背景に成田国際空港会社(NAA)が昨年9月、1年間の発着容量を現在の30万回から50万回に拡大するとして提案。C滑走路の新設や、飛行制限時間を現在の「午後11時~翌日午前6時」から「午前1~5時」に3時間短縮する案を示した。 だが周辺住民らが強く反発したため、NAAは今年6月に見直し案を提示。2020年東京五輪・パラリンピックまでに、まずA滑走路の飛行制限時間を「午前0~6時」に短縮。C滑走路の完成後は、「A」と「B・C」の一方を「午後11時~翌日午前5時」、他方を「午前0時半~6時半」とするスライド運用方式の導入などを示し、理解を求めている。

(2017-12-30 朝日新聞 朝刊 ちば首都圏・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

成田空港の機能強化案の関連キーワードNAA

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

成田空港の機能強化案の関連情報