コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

成親王 せいしんのう

美術人名辞典の解説

成親王

清代の皇族書家乾隆帝の第十一子。名は永瑆、字は鏡泉、号は少厂・即斎、諡は哲。幼時から書に志し、帖学派の系統に属し、趙孟頫・董其昌風の秀潤な楷書行書に秀れる。のち唐宋の諸家を臨模し、温健秀麗の作は当時極めて重んじられた。道光4年(1824)歿、72才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

成親王の関連キーワード良成親王(ながなりしんのう)伏見宮貞常親王4月25日澄覚法親王後花園天皇9月11日後一条天皇藤原斉信貞成親王長慶天皇看聞日記順徳天皇修明門院大江挙周雲章一慶敦明親王典仁親王三条天皇宣陽門院藤原道長

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

成親王の関連情報