成親王(読み)せいしんのう

美術人名辞典の解説

成親王

清代の皇族書家乾隆帝の第十一子。名は永瑆、字は鏡泉、号は少厂・即斎、諡は哲。幼時から書に志し、帖学派の系統に属し、趙孟頫・董其昌風の秀潤な楷書行書に秀れる。のち唐宋の諸家を臨模し、温健秀麗の作は当時極めて重んじられた。道光4年(1824)歿、72才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android