コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

成長分野への融資制度

1件 の用語解説(成長分野への融資制度の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

成長分野への融資制度

物価下落が続く「デフレ」克服のため、成長基盤を強める目的で作った。成長分野の企業向けに投融資する金融機関に対し、日銀が通常より低い金利(年0.1%)でお金を貸し、成長分野へお金が回りやすくする。環境、エネルギー関連、農業、観光、地域再生、雇用支援・人材育成など18分野が対象。期限は1年間だが、借り換えに応じ、最長4年間貸し続ける。総額3兆円。

(2011-05-26 朝日新聞 朝刊 6総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

成長分野への融資制度の関連キーワードデフレGNPデフレーターデフレーション底這いデフレスパイラル実質経済成長率デフレーション(デフレ)GDPデフレーター(GDP Deflator)デフレ・スパイラル(Deflationary spiral)デフレーター(Deflator)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone