コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

成長率のゲタ せいちょうりつのげた

1件 の用語解説(成長率のゲタの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

成長率のゲタ

年平均の経済水準と該当年の最終四半期の経済水準との格差のこと。該当年の各四半期の経済水準をそれぞれa(1)、a^2、a^3、a^4とすると、その年の経済水準Aは、A=(a(1)+a^2+a^3+a^4)÷4で計算されるが、成長率のゲタは(a^4÷A-1)×100をいう。これは、ゲタが1%あればその後の4四半期の成長率がゼロであっても、翌年の成長率は1%になることを意味する。

(本庄真 大和総研監査役 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

成長率のゲタの関連キーワード経済水域排他的経済水域平均太陽乗数効果上期・下期四半期四半期決算ガウスの算術平均の定理算術平均の原理四半期報告

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone