我儕・吾儕(読み)わなみ

大辞林 第三版の解説

わなみ【我儕・吾儕】

( 代 )
一人称。対等の相手に対して用いる。 「 -六十に及ぶけふまで/読本・弓張月

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

わ‐なみ【我儕・吾儕】

〘代名〙 (「なみ(儕)」は輩の意)
① 自称。対等の相手に対して自身をいう場合に用いる。
※春秋経伝集解保延五年点(1139)「吾儕(ワナミ)(〈別訓〉わきみ)の小人は所謂、諸を其の懐(ふところ)に取りて与(あた)ふるなりと」
※読本・椿説弓張月(1807‐11)続「吾儕(ワナミ)六十に及ぶけふまで、国の祀(まつり)に与りて、神の慮(こころ)はよくしりぬ」
② 対称。対等、もしくは下位の者に対していう。おまえ。
※俳諧・蠅打(1664)二「わなみごときの者時の好士に尋ね難じけるは」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android