戒め・誡め・警め(読み)いましめ

大辞林 第三版の解説

いましめ【戒め・誡め・警め】

過ちのないように、前もって与える注意。 「親の-を守る」 → 断機の戒め覆車の戒め
罰。こらしめ。 「 -に出入りをさしとめる」
警戒。 「院の近習者をば内より御-あり/平家 1

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android