コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戦争記録画

1件 の用語解説(戦争記録画の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

戦争記録画

陸海軍の委嘱や朝日新聞社などの後押しで多数描かれた、戦争を題材にした絵。連合国軍総司令部(GHQ)は戦後、軍国主義を鼓舞したとして接収。沖縄返還に先立ち、1970年に無期限貸与の形で藤田嗣治や小磯良平らの153点が日本に戻された。現在、東京国立近代美術館が保管し、日本の戦争記録画コレクションでは最大規模。一括公開を望む声がある一方で、作家の遺族の了承が得られないなどの理由で反対もあり、数点ずつ順次公開している。

(2012-03-06 朝日新聞 朝刊 広島1 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

戦争記録画の関連情報