コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戦国の館

1件 の用語解説(戦国の館の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

戦国の館

掛川城主・山内一豊主人公にした昨年放映の「功名が辻」のテーマ館を改装した、約288平方メートル平屋建て。中は三つに分かれ、「功名が辻」、今年放映された「風林火山」、地元の歴史がテーマの「掛川の戦国時代」から成る。あらすじを書いたパネルドラマで使った衣装、小道具などを展示。入館料は大人500円、小中学生250円。前身のテーマ館は1年間で30万7622人が訪れた。

(2007-12-26 朝日新聞 朝刊 静岡 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

戦国の館の関連キーワード山内一豊掛川城スピンオフ・ムービー男能三太安東可氏国友重次五藤為浄寺村重友山内一豊妻

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

戦国の館の関連情報