コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戦後の教室不足

1件 の用語解説(戦後の教室不足の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

戦後の教室不足

戦争の空襲などで学校が被害を受け、戦後しばらく小中学校の教室が不足し、他校の空き教室や体育館などを間借りして授業が行われた。名古屋市には、今の小学校にあたる国民学校が121校あったが、少なくとも64校が全焼し、13校が半焼した。これに加え、1947年に義務教育が小学校6年、中学校3年の「6・3制」に移行し、新制中学校が市内で37校新設された。その分の校舎も新たに必要になり、教室不足はさらに深刻化した。

(2007-10-20 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

戦後の教室不足の関連キーワードアルンヘム災害カスリーン台風被害被害者被害地因島空襲小田原空襲子どもの戦争被害

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone