コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戦時下の外国人

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

戦時下の外国人

太平洋戦争が始まると、国は戦災からの保護とスパイ防止を目的に、敵国の国民を集め、管理した。その施設は、外国人抑留所などと呼ばれた。県警察史によると、県内には「館合村集団生活所」のほか、鹿角市十和田毛馬内のカトリック教会に1945年6月、「県抑留所」が設けられた。ここではイタリア大使館員ら計48人が暮らしたという。

(2009-08-12 朝日新聞 朝刊 秋田全県 2地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android