コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戦時中の地下壕

1件 の用語解説(戦時中の地下壕の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

戦時中の地下壕

旧日本軍や自治体などが戦中に各地に造成した防空壕防火水槽国土交通省は特殊地下壕と呼び、2013年度の調査では全国に8458カ所ある。ただ、高槻地下倉庫など軍との関わりの深い壕の正確な数は不明。国は、地下壕の埋め戻しや入り口をふさぐなどの安全対策への補助事業を1974年度から継続しているが、保存に向けた予算措置はとっていない。

(2014-09-23 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

戦時中の地下壕の関連キーワード人工なぎさ自治体戦闘帽箱物官製談合防止法電子入札旧日本軍の少年採用自治体広報紙への広告掲載口利き記録制度1人1台政策

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

戦時中の地下壕の関連情報