コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戦時中の外地の日本人

1件 の用語解説(戦時中の外地の日本人の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

戦時中の外地の日本人

日本は敗戦まで、植民地支配した台湾や朝鮮、委任統治領だった南洋群島、さらに「満州国」(現中国東北部)、東南アジアなどに執に移住者を送り出した。厚生労働省の記録などによると、敗戦時に300万人以上の民間人がアジア各地にいた。大半は日本に引き揚げたが、混乱の中で取り残された残留婦人・孤児も多い。

(2010-12-10 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

戦時中の外地の日本人の関連キーワードケープ植民地植民地日韓併合植民地文学光復節総督府半植民地韓国籍と朝鮮籍日本の台湾統治日本の大衆文化開放

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone