コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戦略港湾

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

戦略港湾

国土交通省が進める港湾政策。自民党政権下の04年度に始まったスーパー中枢港湾の後継計画で、岸壁整備の予算配分や固定資産税減免、規制緩和などの優遇が受けられる。地域振興を主目的に整備予算がばらまかれた日本の港湾と異なり、集中投資で湾整備を進めたアジア諸国の台頭は著しく、2008年のコンテナ取扱量はシンガポール、中国、韓国の3国が上位5位を独占した。1980年に4位だった神戸港は、08年には44位へ下がるなど、前原国交相が「日本は周回遅れどころか2周遅れ」と指摘した現状を打開するのが狙いだ。

(2010-09-06 朝日新聞 朝刊 福岡 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

戦略港湾の関連キーワード国際コンテナ戦略港湾日本海側拠点港特定重要港湾国際拠点港湾太平洋岸地域国際戦略港湾国土交通省名古屋港重要港湾京浜運河近畿地方大阪港港湾法東京港釧路港鹿島港川崎港横浜港

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

戦略港湾の関連情報