コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戦艦大和ノ最期

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

戦艦大和ノ最期

沖縄特攻に出撃した戦艦大和の士官だった故・吉田満氏の著書。「負ケテ目ザメル」という臼渕磐・大尉(だいい)の名言で知られる。作家吉川英治に勧められ、終戦まもない45年秋に初稿(文語体)をまとめた。翌年、雑誌「創元」用に出稿するが、連合国軍総司令部(GHQ)の検閲で「軍国主義的な作品」とされ、全文削除となった。その後、改稿を重ね、49年に口語体に修正した「軍艦大和」を発刊。現在よく知られている文語体の初版発行は、講和条約発効後の52年だった。

(2012-04-19 朝日新聞 朝刊 広島1 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

戦艦大和ノ最期の関連キーワード大和(戦艦)記録文学吉田 満

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

戦艦大和ノ最期の関連情報