戯け・白痴・白癡(読み)たわけ

大辞林 第三版の解説

たわけ【戯け・白痴・白癡】

〔動詞「たわく」の連用形から〕
ふざけること。ふざけた言動。 「 -もいい加減にしろ」
馬鹿者。ふざけた者。 「 -め」 「何時何処の-が言出したか/社会百面相 魯庵
姦淫すること。また、禁忌にふれるような性行為。 「上通下通おやこ-・馬-・牛 -・鶏-の罪/古事記 中訓
[句項目] 戯けを尽くす

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

荒唐無稽

[名・形動]言動に根拠がなく、現実味のないこと。また、そのさま。「荒唐無稽な小説」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android