コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戴熙 たいき Dài Xī

1件 の用語解説(戴熙の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

たいき【戴熙 Dài Xī】

1801‐60
中国,清代の画家。字を醇士(じゆんし),号を楡庵(ゆあん),鹿牀居士(ろくしようこじ),井東(せいとう)居士と自称した。浙江省銭塘(今の杭州)の人。1832年(道光12)翰林院に入り官は兵部待郎に至ったが,病を得て故郷に帰った。50年太平天国の乱に抗戦し国難に殉じた。文節という諡(おくりな)を贈られた。詩書画に巧みで湯貽汾(とういふん)と並んで戴・湯と称された。用筆は柔軟で構成は堅確で,とくに小品にすぐれ,清朝文人画の正統派と目された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

戴熙の関連キーワード章于王巌潘曙馮仙湜励宗万唐熊顧若周金農沈銓小倉東渓

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone