コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戸別所得補償制度と民主党代表選

1件 の用語解説(戸別所得補償制度と民主党代表選の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

戸別所得補償制度と民主党代表選

先進国で赤字経営になりがちな農業など国内の1次産業を保護するのが狙い。生産調整(減反)に参加するコメ農家に、10アールあたり1万5千円を一律に払う制度。これとは別に、その年の米価が過去3年の平均価格を下回れば差額分が追加で支給される。小沢一郎氏の主導で導入された。今年度予算は5600億円余り。来年度は畑作物や漁業にも拡大する方針で総額9717億円を予算要求している。民主党代表選の公約で、同制度を盛り込んだ09年衆院選マニフェストについて、菅直人首相は「財源の制約で実現が困難な場合、国民に理解を求める」と修正の可能性を示唆。小沢氏は「誠実に実行する」としている。

(2010-09-05 朝日新聞 朝刊 3総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

戸別所得補償制度と民主党代表選の関連キーワード先進国先進国首脳会議有り勝ち本朝三字経京都メカニズムOJT研修農業経営の展望農業構造の展望農業所得農業経営者

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone