戸塚 九一郎(読み)トツカ クイチロウ

20世紀日本人名事典の解説

戸塚 九一郎
トツカ クイチロウ

大正・昭和期の内務官僚,政治家 衆院議員(自由党);建設相。



生年
明治24(1891)年3月27日

没年
昭和48(1973)年10月13日

出生地
静岡県掛川

学歴〔年〕
東京帝大法科大学独法科〔大正6年〕卒

経歴
大正6年内務省に入り、福島県、兵庫県などの理事官、警視庁衛生部長、大分県警察部長、京都、神奈川、兵庫各学務部長、昭和9年から徳島、山口、宮城、福岡各県知事を歴任。その後北海道庁長官、軍需省軍需官、軍需監視官、九州地方総監を務めた。戦後公職追放、26年解除、27年以来静岡1区から衆院議員に当選3回。第4次吉田茂内閣の労相兼建設相、第5次吉田内閣の建設相兼北海道開発庁長官を歴任した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

戸塚 九一郎
トツカ クイチロウ


肩書
建設相,衆院議員(自由党)

生年月日
明治24年3月27日

出生地
静岡県掛川

学歴
東京帝大法科大学独法科〔大正6年〕卒

経歴
大正6年内務省に入り、福島県、兵庫県などの理事官、警視庁衛生部長、大分県警察部長、京都、神奈川、兵庫各学務部長、昭和9年から徳島、山口、宮城、福岡各県知事を歴任。その後北海道庁長官、軍需省軍需官、軍需監視官、九州地方総監を務めた。戦後公職追放、26年解除、27年以来静岡1区から衆院議員に当選3回。第4次吉田茂内閣の労相兼建設相、第5次吉田内閣の建設相兼北海道開発庁長官を歴任した。

没年月日
昭和48年10月13日

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android