戸当たり・戸当り(読み)とあたり

大辞林 第三版の解説

とあたり【戸当たり・戸当り】

扉を閉じた時、扉が行き過ぎないように方立ほうだてまたは枠に取り付けた突出部。
戸を開いた時、戸が壁などに当たらないようにする金具。ドアストッパー。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android