コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戸籍と住民登録

1件 の用語解説(戸籍と住民登録の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

戸籍と住民登録

全国で統一した戸籍が作られるようになったのは1872(明治5)年。家族単位で記録し人口を把握する目的があった。その後、本籍地と住所地が異なる人が多くなり、人口実態を把握するものは1952(昭和27)年の住民登録制度に代わった。住民登録による住民基本台帳選挙人名簿や年金受給のための基礎資料として使われ、総務省が所管して住所地の自治体が事務を行う。戸籍は本籍地のある自治体が事務を取り扱い、法務局が管理する。

(2010-09-10 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

戸籍と住民登録の関連キーワード全国統一価格設定韻図舎利塔族譜中等教育戸籍原本銅鏡噴火の定義四股名

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone