戸部 新十郎(読み)トベ シンジュウロウ

20世紀日本人名事典の解説

戸部 新十郎
トベ シンジュウロウ

昭和・平成期の小説家



生年
大正15(1926)年4月8日

没年
平成15(2003)年8月13日

出生地
石川県七尾市

別名
旧筆名=多岐 流太郎(タキ リュウタロウ)

学歴〔年〕
早稲田大学政治経済学部中退

経歴
北国新聞社の記者を経て、文筆生活に入る。昭和48年「安見隠岐の罪状」で直木賞候補となる。他の作品に「蜂須賀小六」(全3巻)「風盗」「前田利家」「妖説五三ノ桐」「服部半蔵」(全10巻)「考証 宮本武蔵」「戦国史譚 徳川家康」「徳川秀忠」(全3巻)などがある。また43年頃まで使用していた筆名・多岐流太郎名義の著書に「忍法水滸伝」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android