コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

房総海底崖 ぼうそうかいていがい

1件 の用語解説(房総海底崖の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔千葉県〕房総海底崖(ぼうそうかいていがい)


房総半島の南東岸沖100~200kmにある海底の急崖。比高差1000~2000m。相模舟状(さがみしゅうじょう)海盆(相模トラフ)のほぼ中央に位置し、崖下(がいか)には長さ約50km、幅2~5km、比高差500~1000mの海底峡谷が蛇行しつつ延びる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

房総海底崖の関連キーワード浦賀水道観音崎剣崎相模灘東京湾房総半島メキシコ湾いすみ御宿房総

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone