コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

房総海底崖 ぼうそうかいていがい

1件 の用語解説(房総海底崖の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔千葉県〕房総海底崖(ぼうそうかいていがい)


房総半島の南東岸沖100~200kmにある海底の急崖。比高差1000~2000m。相模舟状(さがみしゅうじょう)海盆(相模トラフ)のほぼ中央に位置し、崖下(がいか)には長さ約50km、幅2~5km、比高差500~1000mの海底峡谷が蛇行しつつ延びる。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

房総海底崖の関連キーワード再婚禁止期間タイソン ゲイ利回りインスリンレセプター基質コングリシニン色温度シートフィルターリフレクターランプジュールの実験北島康介

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone