コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

所得税・住民税額の変化

1件 の用語解説(所得税・住民税額の変化の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

所得税・住民税額の変化

給与所得者の場合、税制変更の影響はまず1月に表れた。国税である所得税から、地方税である住民税への税源移譲に伴い、多くの人の所得税額が減った。同時に所得税の定率減税がなくなり、税額が増えた。この時点では、大半の人が差し引きで負担減になり、見た目の「減税」が先行した。6月には、今度は税源移譲の影響が住民税で表れ、多くの人の税額が増えた。住民税でも行われていた定率減税もこの時点で廃止された。この結果、大半の人は、1〜5月の「減税」を上回る幅で「増税」になった。変更が2段階になったのは、課税の単位となる「課税年度」が、所得税は1月〜12月、住民税は6月〜翌5月とずれているためだ。

(2007-06-27 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

所得税・住民税額の変化の関連キーワード年末調整勤労学生控除源泉徴収確定申告(所得税の)給与所得勤労所得九六四特別徴収申告分離課税制度給与所得者の確定申告

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone