コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

所得税法の付則

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

所得税法の付則

所得税法に書き込まれた消費増税への道筋を示す規定。麻生政権時代の2009年に盛り込まれ、「段階的に消費税を含む税制の抜本的な改革を行うため、11年度までに必要な法制上の措置を講ずる」と定めている。基礎年金の国庫負担割合の2分の1への引き上げや、年金・医療といった社会保障給付、少子化対策などへの対応が前提にある。昨秋の政権交代後も付則はそのままで、11年度までに実現しないと法律と実態との食い違いが生じる。

(2010-07-30 朝日新聞 朝刊 政策総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

所得税法の付則の関連キーワード所得税法

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

所得税法の付則の関連情報