コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

所沢[市] ところざわ

百科事典マイペディアの解説

所沢[市]【ところざわ】

埼玉県南部,狭山丘陵武蔵野台地にまたがる市。1950年市制。中心市街は中世鎌倉街道宿場町近世市場町村山絣(がすり)の産地であった。1910年設置された陸軍気球飛行試験場が,1919年の陸軍飛行学校開設とともに日本最初の飛行場となり,軍都として発展。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ところざわ【所沢[市]】

埼玉県南部の市。1950年市制。人口32万0406(1995)。武蔵野台地の中央に位置し,南西部は狭山丘陵が占める。中世には鎌倉街道が通じ,新田義貞軍と鎌倉幕府軍が戦った小手指ヶ原こてさしがはら)古戦場や滝の城跡,山口城跡など史跡が多い。明治の中ごろまでは3・8の六斎市が開かれ,村山絣の取引が行われた市場町であった。1910年陸軍飛行場が開設され,日本の航空発祥の地として知られるようになり,第2次大戦中は軍都としての性格を強めた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

所沢[市]の関連キーワード狭山湖

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android