コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手なり てなり

大辞林 第三版の解説

てなり【手なり】

茶道の点前てまえで、器物を扱う手の動きが、自然に無理なくなされること。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

手なりの関連キーワード兄弟は両の手高階 哲夫坂東大吉森川許六小川破笠腹唐秋人保田光則源英明不可説源頼親楽道入兄弟茶道手練大所重重器物学生掠り不器

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

手なりの関連情報