手に取るなやはり野に置け蓮華草(読み)てにとるなやはりのにおけれんげそう

大辞林 第三版の解説

てにとるなやはりのにおけれんげそう【手に取るなやはり野に置け蓮華草】

〔遊女を身うけしようとした人をいさめて、播磨はりまの瓢水ひようすいという人物が作った俳句といわれる〕
れんげ草のような野の花は、やはり野原に咲いているのが似つかわしい。ものには、本来それにふさわしい場所というものがある。取らずともやはり野に置け蓮華草。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android