コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手付金保全措置

1件 の用語解説(手付金保全措置の意味・用語解説を検索)

かんたん不動産用語解説の解説

手付金保全措置

宅地建物取引業者が自ら売主となって宅地または建物を売買するとき、その宅建業者に万が一のことがあっても買主に手付金が返還されるようその受領しようとする手付金等について一定の保全措置を講じること。銀行や保険会社保証書を発行してもらい、それと引き替えに手付金等の受領を行なう。業者が受領しようとする手付金等の額が一定額(工事完了前の売買の場 合は、代金の額の5%に相当する額かつ1,000万円、工事完了後の売買の場合は代金の額の10%に相当する額かつ1,000万円)以下である場合には、 講じる必要はない。

出典|(株)ネクストコーポレーション
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

手付金保全措置の関連キーワード代理宅地建物取引業法宅地建物取引業宅地建物取引主任者宅地建物取引業者営業保証金重要事項の説明宅地建物取引業協会宅地建物取引主任者証媒介(仲介)

今日のキーワード

朝鮮大学校

東京都小平市にある在日朝鮮人子弟のための学校。1956年設立,1968年各種学校として認可。朝鮮総連系の東京朝鮮学園が経営。大学教育に準ずる民族教育を目的とし,4年制の文学,歴史地理,政治経済,経営,...

続きを読む

コトバンク for iPhone