手余り地(読み)てあまりち

大辞林 第三版の解説

てあまりち【手余り地】

江戸時代、人手不足によって耕作が放棄された土地。農民の逃散などによって生じたもので、幕府は帰農令、人返し令によりその増大を防ごうとしたが、効果はあがらなかった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報